FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

2013年の終わりに

ドイツ生まれのクリスマスのパン、シュトーレンを作るのに追われまくる12月。
毎年シュトーレンの注文が増えていくってことは、その認知度がグーンと上がっているわけですね。
クリスマスがやっと終わった!
スタッフ全員ホーッと一瞬魂が抜けそう・・・

くろうさぎは今日が今年最後の営業日でした。
パンを焼き終わると大掃除が始まり、明日に持ち越さないよう、カッパを着たスタッフが、高圧洗浄機で何から何まで洗い上げていきます。
他のスタッフは床磨きに、換気扇磨き。
夜までかかります。
明日はくろうさ夫婦二人で残りの掃除をすることにしました。

お店には次々とお客様がお正月パン?の買い出しに来てくださいました。
このところ年内はいつまで営業ですか?1月はいつから?とのお問い合わせが沢山ありました。
くろうさぎのお休みはお客様のお休みと一緒。
申し訳ないですね。
でも、休んでしまいます。
お店は5日からですが、種をおこすのは2日からです。

秩父開店14年周年を過ぎ、15年目に入ったくろうさぎ。
少しは立ち止まっていろいろ考えたいです。

忙しい毎日に流されるのではなく、経営の見直しや本当にやりたいことをやれているか、の見直し。
10年後のこと。
そしてずっと心の中にあること。

2011年3月11日を境に、私たちの生き方、考え方は大きく変わりました。
何年たとうと、人間の時間ではあの日の前に戻ることはできません。
だから一生忘れることもできなければ、何事もなかったかのように暮らすことも出来ません。

福島の現状は変わらないままです。原発で収束に向け働く作業員の待遇のひどさ、甲状腺癌の子供たちの急増や、汚染水の日常的な漏洩、先の見えない廃炉へのみち、などにも関わらず原発事故がなかったかのような、政府のエネルギー計画の見直しには唖然としました。
原発が重要なベース電源!?
地震大国日本は、一刻も早く原発から足を洗わなければならないはずなのに、なぜ?

美味しいパンを焼いていればいい時代は終わったんですよね。
あのとき関東にも放射能の風が吹いてきました。
それでもここ秩父で、少しでも安心して食べられるパンを作っていこうと考えたのでした。

震災から2年10ヶ月。無理やり強引に特定秘密保護法を採決したり、東京にオリンピックを誘致したり、ガンガンやればできる訳です。なぜその熱意で福島の様々な問題に対処できないのでしょう?

来年もくろうさぎは美味しいパンを焼き、脱原発に声をあげ、食べ物に関わるいろいろな問題ー農業のこと、TPPのこと、遺伝子組み換えのこと、ひいては地域の自立のこと、人と人のつながりを、もっともっと模索し、実現していきたいと思います。もちろん、福島と繋がり、秘密保護法は廃止に、辺野古埋め立てはさせない、人間が人間の尊厳を失うことなく、自然を蹂躙することなく生きていく方法を、多くの人と共有していきたいと思います。

パン屋がパンを焼いているだけでなく、ミュージシャンが音楽を奏でているだけでなく、陶芸家が茶碗を焼いているだけでなく、以下略、NOなものにNOという、意思を表す、アクションを起こす、そうしなければ幸せな今もなければ未来も来ない、そういう世界に私たちは生きているのと思うのです。

2014年がどんな年になるか、傍観者でいることだけはやめたいものですね。
いい年にしていきましょう!

くろうさぎ~のクリスマス~♫

11月終盤からクリスマスのパン作りが始まり、12月3日の秩父夜祭も終わって、いよいよクリスマスモード一色です。・・・といいたいところですが、この忙しい時季にとんでもない「特定秘密保護法」なるものが国会で強行採決となり、忙しい上に腹が立つ(どころではありませんが)というとっても疲れる日々。
疲れすぎて約0.3秒ほど居眠り運転をしてしまい、対向車線を横切って向こう側のガードレールにぶつかりそうになって目が覚めハンドルを切り、対向車を避けつつガードレールと対向車の間を逆走、対向車の流れが切れた隙をみて何食わぬ顔でもとの車線に戻り、秩父へと帰ってきたりもしました。(口から心臓が飛び出しそうでした。あの日あの時R299を走行中のみなさま、怖い思いをさせてしまって、本当にごめんなさい。二度と居眠り運転はしないことを誓います。)
また、どさくさに紛れて、原発ゼロ政策の見直しだとか、ウキーッツ、そんな心穏やかでない今日この頃ですが、くろうさぎのクリスマスっぽく飾られた店内の写真などで、いっときほのぼのとリラックスしていただきましょうか。
DSC00961.jpg
ちょうどお店を閉めたところ。やれやれ、ほっ、でもこれからまだまだ片付けやいろいろ仕事が残っています。
3日後の仕込みのための計算や、忙しい時にはいろいろな仕込みや計量や、袋詰め等々まで。でも、クリスマスだから仕方ないと、スタッフみんな思っています。
DSC00969.jpg

DSC00973.jpg
クリスマスのパンシュトーレンは、焼いてオーガニックのココナツパウダーをまぶし、きれいにラッピングするまでがひと仕事。ココナツもそのままでは荒いので、冷やしてミキサーにかけパウダー状にします。
DSC00952.jpg
あれー、ぼけた写真でごめんなさい。こんな感じでお店に並んでいます。
DSC00953.jpg
こちらクグロフとプチクグロフ。くろうさぎでは酒種で作ります。
DSC00950.jpg
こちらは木のリースに小さいパンを焼いてくっつけた、毎年飾るクリスマスのディスプレイ。とても気に入っています。
この木のリースは、秩父にある「花野」というお花屋さんで何年か前に見つけたものです。そのお花屋さんは、とっても面白い素敵なアレンジをしてくださるので、くろうさぎのお気に入りです。
DSC00962.jpg
DSC00957.jpg
天井でぷらぷらしている天使や雪のオーナメントも、棚に飾られたトナカイとソリにのったサンタクロースも、オーナーアライが作りました。やるときはやるんです。
窓にぶら下げたオーナメントの雪を、飾って1日目にしてオッチョコチョイのスタッフに、ロールカーテンを下ろすときに4つも割られたかわいそうなオーナーアライ。形あるものはいつか必ず壊れる運命ですが、早すぎましたねー。
DSC00955.jpg
こんな可愛いコーナーも。
ポインセチアは頂き物です。季節にぴったりなプレゼント、ありがとうございます。
DSC00951.jpg
これは「原発とめよう秩父人」が制作した2014年カレンダー。役に立つ記事や原発事故の起こった日マークなど、見所満載で500円というお買い得品です。くろうさぎのお客様にも人気のカレンダー。カレンダーなりにクリスマスをアピールしております。
DSC00959.jpg
じやん!うさぎリース。
DSC00960.jpg
じゃん!誰かに貰ったか買ったかすでに記憶にないが飾るのは忘れない一品。

DSC00958.jpg
最後に今は北海道にいる末娘からのプレゼントの、ヘンなサンタのポストカードを飾っているコーナーです。
うさぎと戯れるサンタの意味不明なカードですが、ま、お気に入りです。


シュトーレンは普通のものと、乳製品不使用のもの(どちらも卵は使っていません)、くろうさぎ特性酒種のクグロフ、それに国産ラム酒に漬け込んだフルーツいっぱいのフルーツケーキなども、クリスマスの時季には並んでお待ちしています。

そして店内にはリベラ(少年の合唱団)の歌う聖歌が流れています。
あまりクリスマスっぽくない土地柄の秩父ですが、くろうさぎは別世界(のつもり)。
本当にこんなお店かな~?と、確かめにおいでくださいませ、ぜひぜひ。

くろうさぎのラブリーなモノたち

パン屋冥利につきること。

それは「くろうさぎのパンを食べるのが生きる喜び」といわれたこと。

「生まれて初めてこんな美味しいフルーツケーキを食べた」とお手紙をもらったこと。

「フランスのご婦人が、小さいときから毎年食べているが、今まで食べたガレット デ ロワの中で一番美味しかった。そのことをくろうさぎに必ず伝えて、と電話があった」とおしえていただいたこと。

「ドイツの友人とくろうさぎのシュトーレンを食べ、『おばあちゃんの作ったシュトーレンの味!』と感激された」とメールをいただいたこと。

あ、自慢したいわけではありません!
美味しいと感じるのは人様々でしょうが、そのことを電話や手紙やメールで作り手に伝えようとして下さる、お客様の気持ちがすごいと思うのです。
本当に有難いと思います。
自分だったら、美味しいものを食べたからといって、それをわざわざ電話や手紙に書いて作った人に伝えようとするだろうか?・・・とっても疑問です。

そう、お客様はすごいのです。
パンを買ったり売ったり、イートインでランチしたり提供したり、あくまでパン屋とお客様、という関係なのですが、それだけじゃ終わらないのです。

お店にちらばるくろうさぎのお宝、実はお客様からの突然のプレゼントがいくつもあるのです!
お店のモノたち2
これ、すごいでしょう?
そう、くろうさぎのお店です。風見うさぎまでそっくりの木で作った模型なんです。
仲良しのお友達が作ってくれた訳ではありません。
お客様からのプレゼントなんです。
ある日ホイ!と手渡して下さった、さりげないプレゼントだったのです!
お店のモノたち1
こんな風にちょこんとおいてあります。
両脇のバゲットやカンパーニュを持ったくろうさぎたちも、実はお客様からのプレゼントです。
こちらは焼き物です。
一匹は耳が折てしまったのですが、頑張ってバゲットを持ち上げています。
お店のモノたち3
こちらはバックヤードの上、「書をプレゼントしてもいいですか?」といただいたもの。
額に入れて持ってきてくださいました。
お店のモノたち6
こちらもバックヤードの一角。
上は常連さんの画家のお客様から頂いたお花の絵です。
その下!アヤシイコーナーが見えてますね。
「脱原発神社ってどこにあるんですか?」とお客様に聞かれたり・・・
これは「原発とめよう秩父人」のともだちが作ったのを「欲しー!!」ともらったものです。
お店のモノたち5
オープンしてそんなに経ってない頃いただいた、ちょっと年季がはいってきた張子のくろうさぎ。埼玉県産農産物サポート店のボードをバックにいい味だしています。
お店のモノたち4
この走るうさぎ、クッキーの抜き型です。こちらもかなり前に頂きました。可愛くって見せびらかしたいので、クッキーに使わず、飾っています。鉄細工の飾り棚のガラスの上で走っています。

お店のモノたち7かほるピースうさぎ
びよ~んとゆれるピースうさぎ。
かわいいから紹介しちゃいます。
これはお客さんでもあるけど、木工職人のともだちからもらいました。

最後に可愛い忘れ物、勝手にいただいて飾ってあります。
お店のモノたち8あむのげんぱついらない
小学生の忘れ物です。
わたしのお気に入り。

果てしないのでこの辺でモノ自慢はおしまいにします。
お客様に感謝!の気持ちでご紹介しましたが、じつは来月11月6日、くろうさぎは開店14周年を迎えます。
という訳で感謝の気持ちも新たな今日この頃、しみじみお店を眺めていたりするのでした。

くろうさぎの夏休み

タイトルからして海や山の楽しそうな写真満載、と思われるかもしれませんが、写真はほとんど撮っていません。
写真いっぱいのブログに、と思いつつカメラを忘れる、持っていても何かに夢中になると撮るのを忘れる、後であっしまった・・・ということがとても多いのです。

8月2日から9日まで夏休みをいただき、岡山に行ってきました。
娘たちが関わっている福島の子どもたちの保養、「せとうち交流プロジェクト」が去年に引き続き今年も行われました。8月2日はその中の企画「鎌仲ひとみ&田中優トークショー」に参加したくて、始発で秩父を出発しました。
何しろプロジェクトの会場が今年は瀬戸内海に浮かぶ前島という島なのです。
ベラルーシに行ってきたばかりの鎌仲さんと、岡山に引っ越してきて中国電力と縁を切り、太陽光パネルなどでエネルギー自立してしまった田中優さんのお話しは、現在進行形の福島の惨事を直視すること、まず自分からできるエネルギー改革への提案、などいろいろな切り口があって充実したものでした。
夕方からの催しの準備(たそがれライブや屋台パーティー)でトークに参加できなかった方々も沢山いて、ちょっと残念でしたが・・・

地元瀬戸内市の受け入れ態勢がすごかったです。
新鮮な材料の大量差し入れ、いろいろなグループが交代で食事作り、プロミュージシャンの無料出演、地道な活動資金集め、ポスター印刷そのものをカンパ、宿泊施設の提供、とにかくいっぱいのボランティア。
後援がまた、岡山県・瀬戸内市・瀬戸内市教育委員会・瀬戸内市商工会ほかいろいろで、有形無形の支援がいっぱい。
オぷストはもちろん、Trigoもくろうさぎもパン提供しました~。

夜は前島に泊まる鎌仲さんや田中優さんを交えての交流(飲み)会。
福島から来られた方々、サムルノリのおにいさん(一人だったけど)、地元教育委員会の方、震災後避難してきてソーラーパネルのキットなど作ろうとしている建築家、先生に連れられてボランティアで来ている高校生(ビールがうらやましそう)、地元瀬戸内の方々、多種多様な30人くらいが集まって、ワイワイ楽しく交流しました。
DSC00878.jpg
DSC00887.jpg

翌日はクロワッサンサーカスの綱渡りを観て楽しんでから、末っ子(北海道に行ってしまって3年ぶりに会えた)娘と92歳になる父のところへ。
娘のフェイスブックに「きったなーい猫屋敷に痩せたおじいちゃんが・・・」などと。
まあ、そうだけど、父は相変わらずしっかりわがままで元気そうでした。
私たちが帰った後、とても暑い日が続き熱中症気味となった父は入院してしまいましたが、入院したとたん元気になったそうです。

せとうち交流プロジェクトも終わり、一瞬家族な日々を楽しみ、夏休み終了。
ちょっと不調の孫たちもいて、海で遊んだりできなかったけど、ひとまず子孫に会えたし、みんなそれぞれのところで頑張ってたし、楽しい夏休みでした!
DSC00911.jpg
DSC00914.jpg
DSC00909.jpg

(三日限りの)テント市場atくろうさぎ

暑い、熱い、あつい、7月13日(土)・14日(日)・15日(月・祝)の三日間、くろうさぎのお店の前にテント市場が出現!秩父のクラフトマンを中心に、近郊の作り手たちが寄ってたかって、素敵な手作り空間を演出してくれました。
毎週木曜日に開かれていた野菜のうさぎ市が、自然食のお店に発展解消してからさびしかったくろうさぎのお店前、仲良しの手作りマンに声をかけたところ、思ってた以上のスゴイ空間が現れちゃいました。
DSC00872.jpg
まさかのテント三つ並べ。
テントの下には、それぞれ個性主張しまくりのモノたちがぎっしり並んでいました。
DSC00865.jpg
DSC00867.jpg
DSC00864.jpg
思わず何回ものぞきに行ってしまいました。
そして思わずあれこれ欲しくなって、買ってしまうのでした。
でもどれも満足のものたちばかり。
DSC00866.jpg
可愛いでしょう!?
DSC00862.jpg
アヤシイでしょう?
このドクダミスプレー、やみつきになりますよ。
DSC00861.jpg
これまたアヤシイですねー。
他所では絶対手に入らないだろうと思われる、ぶっ飛んだセンスのポストカードが何枚もあり、ここでも思わず「誰に送るんだ?」ポストカードを数枚ゲットしました。
DSC00859.jpg
お客さんも楽しんでいましたが、手作りマンたち売り手の方も、暑さにめげず楽しんでいたようです。
画面には表れていませんが、手作りマンたちの子どもたちが、そこらじゅう走り回っていました。
熱中症と車の通る道への飛び出しが心配でしたが、みなさん慣れたものでした。
久しぶりにチビたちがわさわさしている感覚を味わい、私も楽しませてもらいました。
DSC00870.jpg
このようなリラックス空間まで創り出す、手作りマンたちのセンスに乾杯!
そしてダメダメカメラマンの私が撮り損ね、写真がないのに気づきましたが、とっても素敵な「ふんどし」が沢山並んでいたんですよ!
女性用も子ども用もありました。
もちろん、手に入れましたよ。
ふっふっふっ・・・

こんなテント市場atくろうさぎ、いろいろなクラフトマンたちに来てもらって、年に何回か開催したいと思います。秩父や近郊には沢山の素敵な作り手たちがいるのですから。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR