FC2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

くろうさぎのどうぶつなかま

事務室の外で猫がニャーニャーうるさくないています。
昨年5月に岡山を経由して北海道から帰ってきた、末っ子娘の愛猫オムスビです。
アコーデオンドアを無理やりこじ開けて事務室に侵入、膝の上に乗って仕事の邪魔をし始めます。
ずーっと事務室からは締め出してきましたが、最近入り込むコツを覚え、閉まっているドアを開けたらすでにオムスビが・・・化け猫のように居座っていたりします。
こちらももうなげやりな気分なので、よほど悪さをしなければ放っておきます。

昨年の5月からつい先月の3月まで、末娘はパン屋を手伝ってくれていました。
あわよくば秩父を拠点に、いろいろなことにトライしながら、ズルズルパン屋を手伝ってくれたら楽しい日々が送れるぞ、と思っていましたが、娘は確かにいろいろな体験ー安保法案抗議行動や劇団「態変」(多分世界にひとつしかない、いわゆる「障害者」の劇団)の黒子などーを楽しみつつ彼氏をゲット、あれよという間に彼氏と仙台へ引っ越してしまったのでした。
思惑通りにはいかないものですね。
おいて行かれたオムスビですが、4、5月のお店がとっても忙しい時期、アースデイもあるので、娘が手伝いに帰ってくる時まで預かることになっています。
オーナーアライは猫が置いていかれたので大変喜んでいます。
「オムちゃん、お別れだねえ」とオムスビに話しかけるアライ。
「オムはゴールデンウィーク明けまでいるわよ」
「えっ、ほんと?あーよかった!」
そんなに可愛いんだーとあらためて知った私。
ペペオム
    まあまあの写真写り
「猫飼う?」
「(オムスビみたいな)こんな猫はいないよ・・」
と、この会話を何回繰り返したことでしょう。
確かに、娘が甘やかしたせいなのか、かつて出会ったことがないほどの甘ったれ猫です。
自分が猫ってことを知らないのかも・・・
私は・・・可愛いけど、時々うざいです。

娘がいなくなることになり、昨年11月から製造スタッフとしてバリバリ働いてくれているHくんの彼女(新婚さん)が、娘のかわりにくろうさぎに来てくれることになりました。
娘がやっていた菓子パン類の窯や厨房、販売の仕事です。
うちよりずっと大きいパン屋さんの販売の経験があり、くろうさぎラッキー!
そして、そして、なんと可愛いワンコ連れで出勤!なんです。
パン屋はどうしても労働時間が長めなので、夫婦ふたりでくろうさぎでお仕事なら、飼ってる犬も連れてきていいよ、ということに。
その大変可愛い雑種のペペは、捨てられ保護された施設で飼い主が現れるのを待っていたワンコです。
雨の日や寒い冬は倉庫の片隅の檻、晴れた日は外のお店の前の木に囲まれたスペースで、ふたりのお仕事が終わるのを待っています。
ペペオム
    キリっと待っています
お客様や道行く人、特に犬の散歩をしている人や学校帰りの子どもたちが、ペペめがけてよってきます。
ペペは犬仲間が大好きで、犬を見ると遊びたがってヘーヘーしていますが、一方人間の子どもがとても苦手です。
子どもが近づいてくると、小屋の奥に逃げ込んでしまいます。
ペペオム
   こんな感じ
ペペのおかげでお客様との会話も増えました。

というわけで、お店の外ではペペがキュンキュンしているし、中ではオムスビがニャウニャウしている、今日この頃のくろうさぎです。
あー本当はこんな犬猫のお話ではなく、春をテーマにしたブログを書き始めるつもりだったのにー
私もいぬねこ脳になってるー
スポンサーサイト



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR