FC2ブログ
   
03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

飾りパンでパン・パン・パン

くろうさぎのオーナー、アライは時々飾りパンを作ります。
お店に飾るものやお客様のご注文もあるのですが、知人・友人へのお祝いー出産祝い、開店祝い、〇周年記念などにも、割と気軽に楽しんで作っています。
昨年は夏の脱原発集会・パレード用にハート型のNO NUKESパンを作って、パレード参加予定の子連れスタッフにも配り、暑いさなかみんなでパンをぶら下げてデモやりました!
目立つのでいっぱい写真とってもらったり、取材されたりしました。

という訳で、いくつか飾りパンを紹介したいと思います。
DSC00669.jpg
こちらは若い脱原発仲間の結婚式にプレゼントした、ウエルカムボード・パンです。
幸せな準備に余念のない二人に代わって、受付でお客様をお迎えしました。
その後めでたく皆さんのお腹に入ったことと思います。
DSC00683.jpg
この前ご紹介したイベントに出した、もう一つの飾りパンです。これも気前よく切って、お客様に分けていただきました。
DSC00729.jpg
くろうさぎお店前の木曜野菜市が発展解消して、秩父についに自然食品店が誕生!
開店のお祝いにプレゼントしました。これは食べられない飾りパンです。
「みんなの畑」に行ってみたら、沢山の生き生き野菜の並んだ棚の上の白い壁に、この飾りパンがかけられていてとっても素敵に見えました。
しばらくは新鮮野菜たちに見守られながら、「みんなの畑」をアピールしてくれるでしょう。
DSC00732.jpg
こちらはおめでたい、おめでたい出産祝いのプレゼントです。
赤ちゃんにはまだお目にかかっていませんが、会える日が楽しみです。
頑張ったお母さん、美味しく食べられたかなー?
DSC00661.jpg
これも飾りパンの一種。
時々イベントに登場してます。

飾りパンを作るときは、ざっと絵をかき、細かい部分を作っておいて、あとはその場でどんどんうまく形にしていく感じ。そのときの流れというか勢いというか、感覚を大事にし、あまり細かくきっちり決めておかないようです。うまく焼けたら、みんなに見せびらかします。
スポンサーサイト



3月のイベント

くろうさぎが関わるイベントには2種類あります。
参加・出店するものと、主催者の一員として企画・運営するものです。
3月は上旬にその2つともあり、ちょっと忙しく、ブログや事務所のお片付けやいろいろ放ったらかしとなりました。

3月2日(土)・3日(日)と東京は浅草で、取引先のNPO法人ポラン広場東京さんが主催する、「オーガニックショー ポラン広場東京2013」に参加しました。
全国のポランさんに係わる生産・製造者が一堂に会し、展示即売に講演会、関係者のリレートークなどなど、お買いものしながらいろいろ有意義なお話しが聞けるうえ、日頃顔を合わせることの出来ない生産・製造者と心行くまでお話しできる、という中身の濃いーイベントなのです。
これが2年に一度あって、終わった後で宣伝するのもナニですが、再来年もあるはずですから、今から未来ノート(?)にチェックを入れておいてください!
DSC00688.jpg
おいしそうなりんごですね。
このほかいろいろ美味しそうなものが会場中にありましたよ。
DSC00689.jpg
これはくろうさぎの一角です。DSC00692.jpg
くろうさぎはこーんなステキなパンも売ってます。人気者ですよ、もちろん。このパンをぶら下げてデモ・パレードに参加し、お腹が減ったところで食べれば帰りは手ぶらーという提案も。
DSC00682.jpg
「自慢の一品コーナー」に参加していたくろうさぎ特製飾りパンは、最後に切り分けられ、お客様たちに配られたようです。めでたし、めでたし。
日頃ご愛顧いただいているお客様と、お話しできてとても楽しい2日間でした。
お客様から、「くろうさぎのパンを紹介したあるご高齢の婦人が、毎朝起きてくろうさぎのパンを食べるのが、生きる喜びだとー」と聞かされ、ちょっと泣きそうになりました。私たちって幸せなパン屋!

長くなりましたが、イベント第2弾。
3月10日(日)、大震災から2年、去年に引き続き今年も「ウニクス秩父」で脱原発イベントやりました!
東京のビッグな脱原発イベントに参加するのもいいけれど、やっぱり地元でどんな少人数でも、ここにも声をあげてる者がいるんだよ、とアピールしたかったのです。
だって福島の原発事故は終わっていない、どころか汚染水の増加、作業員の被曝、高線量の地域に暮らす人々、特に子どもたちの異変(甲状腺がんがすでに3人)、などなどますます深刻な様相です。一見直接関わりのない私たちは、日常に紛れて忘れていく・・・やっぱりそれではダメでしょう!
という訳でウニクス秩父のお買いもの空間に「原発とめよう秩父人」ブースが出現。
DSC00714.jpg
原発コントありーの
DSC00717.jpg
レゲエありーの(最後突風、大嵐状態で、でも♪自然災害はおこるんだよ♪ほら、こんな風に♪大地震もまたおきる♪と彼はうたってました)
DSC00715.jpg
横断幕や絵馬に寄せ書きありーのと、盛り沢山でした。
新舞踊や切り絵や絵馬を奉納する鳥居まで出現してて、全部お見せできないのが残念。
とにかく、突風でテントが倒され、チラシやパンフが吹っ飛びーという大嵐に襲われるまで、「原発はいらない、未来に命をつなごう、本当のことを知ろう」とアピールしました。
その後花粉にやられた人々は撤収、花粉にそれほどやられていない、元気の残っている者で「原発ゼロを求める秩父連絡会」のパレードに参加、秩父の目抜き通りを歩きました。お店から人々が出てきて手を振ってくれたり、田舎のささやかなデモ・パレードもいいものですよ。

うちはパン屋ですが、これからも「原発で作られた電気は使いたくない」パン屋でありたいと思います。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR